産卵発見から7日目

そろそろいつ孵化してもおかしくない時期になってきました。


画像

写真では分かり難いですが、卵のう(ヨークサック)の部分がはっきりと見えるようになってきました。 発眼してから数日が経過してますし、ここ数日中には孵化するでしょうね。 昨日からは消灯と同時にポンプも停止して1時間様子をみることにしています。 ・・・・・・昨日はスカンクシュリンプがハッチアウトしていて、びっくりしましたが(笑)。


画像

今回は予備水槽は用意しません。 かわりに写真のような小さななプラケースを使うことにします。 小型のスポンジフィルターでプラケース内の水をゆっくり排出し、底部に開けた穴から外の飼育水を供給する仕組みです。 最初から大量に稚魚を成育できるとは思っていないので、まずはこのくらいの大きさ(1リットル弱)ではじめるつもりです。 ブラインシュリンプの密度も小さければ上がるだろうとも思いますし。


画像

最後に、今日は淡水水槽に発酵式CO2装置をとりつけました。 いままではアマゾンソードを主体にそれほど水草もなかったので停止していたのですが、前回大量に増えたので再開することにしました。 なんとなく外部ろ過の場所にスペースがあったのでそこに設置してみました。 多少は水温に近い気温になっているでしょうから、発酵の助けになるかも? と目論んではいますが、誤差でしょうね(笑)。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年03月18日 19:46
いよいよ孵化ですね(笑)孵化準備も整ってきて、バッチリですね。今晩あたりでしょうか?
楽しみにしています(^_^)
2007年03月18日 23:17
水槽内に小さなプラケースでやるんですね。期待しています。
2007年03月19日 00:24
いろいろ工夫しますね。
これ淡水魚でも使えますね。
あとは無事にケースに取り込めるかですね。
2007年03月19日 21:01
親がちゃんと見守っているので育つ可能性も高くなりますよね。
楽しみ~
Co2、寒い時と暑い時の差が激しいんですよね。
発酵式のものではリシアは育ちませんでしたが、市販のCo2でリシアが育ちすぎてからCo2は使っていません(^^ゞ
適度に育ってくれると嬉しいですよね。
2007年03月24日 23:59
>yujiさん
準備は万端のつもりだったのですが、いろいろと抜けが(苦笑) やはり、初めてのことということで、不具合がありました。
>takuroさん
消灯後1時間では短かったようです。 あと、小さいのでなかなか水槽内で発見できなかったという・・・・・・。
>竜虎さん
あまり上手に取り込めませんでした。 次の産卵があったのでリベンジです。
>horibeeさん
もう最後の1匹だったりします。 この子だけでも無事育ってくれるといいのですが、どうなることやら(苦笑)。

この記事へのトラックバック