カクレクマノミ稚魚の食事

カクレクマノミの稚魚がある程度大きくなってきたので、何を食べて大きくなったのかまとめておこうかと思います。



まずは孵化直後から30日くらいお世話になったブラインシュリンプエッグです。 大体、これを毎日孵化させて朝に与えてました。 量は1回あたり1gより少なめくらいで丁度30日で使い切りましたね。 ただ、シオミズツボワムシなどに比べると遥かに大きく食べられる個体は少なかったみたいです。


ただ、最終的に4匹にまで落ち込んだのは初期飼料のせいではなく、温度管理と水質管理に失敗したのが一番の原因だと思ってます。



そして、現在の主食はフリーズドライのコペポーダです。 ブラインシュリンプだけのときは赤味が薄くて不健康だったのですが、この餌に変えてからはかなり真っ赤になってきました♪ なかなか嗜好性もよいのですが・・・・・・量が多すぎで、まだ全然減ってません。 みかんの缶詰くらいの大きさなのに(苦笑)。


ただ、こういうフリーズドライズのものは、水中になかなか沈んでくれません(クリルなんか特に)。 私の場合は、百均ショップの化粧品コーナーやホームセンターの理科実験コーナーで注射器もどきを買ってきて脱泡(?)しています。 たとえば、こんな風にコペポーダと水を注射器に入れると、上の方に集まってしまいます。 空気を含んでいるため軽いからですね。


画像

このまま水槽に投入してもほとんどが水面に浮いてしまいます。 そこで、シリンダの穴を指でふさいで、ピストンを引きます。 すると、気圧低下(真空脱泡?)により空気が面白いように抜けるんです。


画像

ピストンを引くのを2~3回繰り返すと、こんな風に綺麗に水と混ざっていい感じになります。 これだとOFがあったとしても吸い込まれることは少ないですし、クリルだとちゃんと沈んでくれます。 ただ、この方法は注射器に負担をかけるので(もともと抜けるようには作られていない)、ゴム製のピストンの場合、分離してしまうことがあるのが難点ですね。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2007年07月07日 20:25
しばらく冷凍のコペを使っていましたが、水質がかなり悪化するので使うのをやめてしまいました。フリーズドライだとどうですか?
2007年07月07日 20:47
>takuroさん
自分も冷凍コペポーダを使ってましたが、それほど水質が悪化したり魚が調子悪くなったりということはありませんでした(本水槽)。 フリーズドライの場合も注射器中の水が真っ赤になり、そのまま水槽に投入していますが、硝酸塩が高くなるくらいでスターポリプやディスクコーラルにはまったく影響がないようです。まぁ、両方とも丈夫な珊瑚ですけれど(といつのまにか珊瑚が導入されてる(笑))。
ただ、私はあまり水質に神経質にならないので、見逃していることがあるかもしれませんけれど。
2007年07月08日 19:57
フリーズドライのコペポーダもなかなか嗜好性が良い感じですネ。昨日から謎の2cm台のお魚に挑戦してますのいで、いろいろ餌を使ってみようと思います。
2007年07月12日 23:10
本文よりも、スタポとディスク導入に目がいってしまいました。
さらっと言うことじゃないですよ(笑)!
2007年07月17日 01:04
そんな方法で空気が抜けるんですねー。
勉強になります。
2007年08月12日 22:03
お久しぶりです~
戻ってきたら、またけんけらさんがお休み~
クマノミの繁殖、成功したんですね。素晴らしい♪
アイデアと器用だったのが良かったのでは?
暑い日が続いてますが、その後どうですか? ←これを読むのはいつでしょう?? (^.^)
2007年12月24日 20:09
>みなさん
すみません、半年くらいブログに更新できませんでした。
さすがに忘れられている頃かと思いますが、これからはもう少し頻繁に更新できると思いますので、どうかお見捨てなきようお願いします(笑)。

この記事へのトラックバック