テーマ:熱帯魚

長寿その1

熱帯魚をはじめて、今年の夏で丸三年になることに気がつきました。 なんか、ものすごく年を取った気がしますが、そのあたりはスルーするつもりで(涙)。 そんな2年あまりの飼育歴の中、飼育者の未熟ゆえに何匹ものタンクメイトを☆にしてしまいました。 それでも、今現在にいたるまで購入した数そのままで全員元気な子達もいるわけです。 その中の一…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

増殖中

レッドラムズホーンが水面直下に。 すわ、水質悪化か? 実際は、魚用の餌として与えた乾燥コペポーダを食べていただけでした。 新春の水槽破損事故の直後でほぼフルリセット状態、水質悪化かと焦りましたよ。 水質も試薬の上ではうまく安定しているようで一安心といったところです(でも、エーハイム2217を60cm水槽で使うのはかなり洗濯機状態で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

水槽大移動

ひさしぶりの書き込みですね。 大体10日ほど間でしたが、残念なことがありました。 サブ海水水槽ではアカネハナゴイが急☆になってしまい、魚はデバスズメだけ(下の写真は相変わらず元気なキンチャクガニさん)になってしまったのです。 一番よく換水してた水槽だったため(水量が少ないため)、どうにも原因が思いつきませんが、水量が少ないのでなんら…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

水槽掃除日記 「ひさしぶりの更新ついでに」

いろいろと忙しくてついブログの更新をサボってました(笑) さぼっていたら、淡水水槽がかなり素敵なことになっていたのでほぼリセット覚悟で掃除をすることに(実際に掃除したのは先週の土曜日です) 外部ろ過のフィルタの交換、上部ろ過のフィルタの交換、水草の思い切った剪定。 さらには小型水槽で狭そうにしていたエンゼルフィッシュのお引越…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

もうそろそろかな?

もうそろそろスカンクシュリンプがハッチアウトしそうな気配です。 写真では分かりにくいですが、すでに卵の中には眼が見えます。 今までの経験からすると数日中にはハッチアウトするだろうと思います。 そこで、稚エビ捕獲器のガーゼを取り替えておきました。 ガーゼは化繊ではないので水中では腐ってしまうので取り替えないといけないんですね。 プラ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

久しぶりの淡水魚水槽の面々

最近、海水魚ばかりに注力していたので、ひさしぶりに淡水魚水槽を(笑) 約2ヶ月ですごいことになってる石巻貝です(笑) トリミングするのがもったいないくらいに大きくなってるので、このままどこまで大きくなるか見ものですね。 まだまだ元気なグラスキャットです。 水槽立ち上げ初期に5匹購入して、1年たってもまだ5匹全員が健在という成…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

水槽掃除日記

本日は水槽掃除(換水含み)を実施しました。 2つの60cm水槽(海水・淡水)と1つの30cm水槽(淡水)です。 残りの立ち上げたばっかりの20cm水槽と、シリキルリスズメが引越ししてからそれほど時間が経っていないので除外です。 まずは水量の少ないエンゼルフィッシュ用30cm水槽の掃除と水換えです。 石巻貝とレッドラムズホーン、オトシン…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

鮮やかタンクメイト紹介第五弾「トランスルーセント・グラスキャット」

虹色に輝くナマズ、トランスルーセント・グラスキャットの紹介です(笑) といいたいところですが、見れば分かるようにフラッシュの設定を間違えたミスショットだったりします。 没ショットなんですが、綺麗な色がついてたのと他にネタがなかったので掲載となりました(笑) このグラスキャットは全部で5匹飼育しています。 群れる魚なので複数導入したので…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

餌の管理どうしてますか?

水槽や生体が多くなってくると、必然的に餌も多くなってきます。 全部同じ餌にすると栄養が偏りそうという考えもありますが、どうも私の場合はいろいろと試したがる好奇心が一番駄目なのかもしれません。 そして、そうやって餌が多くなってくると問題になるのが保存方法ですよね。 一体どんな方法が一番いいんでしょうか? 一応ひとつの対策として我が家では…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ランプアイの卵の様子

ちょっと前より卵が減りましたが、場所も違いますし全体としてはもう少したくさん残ってます。 でも今までに4つほど白濁してしまい多少減ってしまいました。 写真では分かりにくいですが、だんだん眼の部分ができてきたようです。 ランプアイは孵化までに10日以上はかかるので、やっと一段階進んだといった感じですね。 予定では今月末から来月頭くらいに…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

大喰らいエンゼルフィッシュ

チョウチョウウオに続いて、中型から大型になる魚を導入したいという想いがが強くなり手をだしたのがエンゼルフィッシュです。 まだまだ幼魚なのですが、食欲旺盛ですね。 あと餌をくれくれとガラス面に来る勢いがすごいです。 とはいえ、無制限に餌をやるわけにもいかないので現在は手探り状態なところですね。 基本は冷凍赤虫に粒状餌としてメディフィッシ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ランプアイの産卵を確認

 サブ水槽のランプアイですが、本水槽からアマゾンフロッグピットを移した翌日にその根っこに産卵したようです。 慌てて産卵箱に隔離しました。 すでにランプアイに関しては稚魚からの育成に成功してますが、今までは自然にまかせたまま(放置?)なのでカビがついて駄目になってしまったり、他の魚に食べられたりして増えることは無い状態でした。  今回は…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

わさわさエビだらけ

 先月は水槽関連の出費をしないと決めていて、その反動が今月に来ました(笑)  いろいろとタンクメイトを追加したり、消耗品(活性炭とか?)を購入してきました……しめてお値段は……水槽がもう1本買えるなんて気が付いたら負けですよね?(笑)  新規で増えたタンクメイトの紹介はまた今度にするとして(導入直後に☆になるかもしれないし……(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タンクメイト紹介 NO.06「アカハチハゼ」

 久しぶりのタンクメイト紹介はベントス食性(砂ごと食べる)のアカハチハゼです。  今は海水水槽中一番元気がいい魚ですが、ベントス食性の魚はどうにも私には難しいものでした。 今までカニハゼやミズタマハゼなども導入したのですが、みんな1ヶ月以上生存することがなくほとんど諦めかけていた中、もうこれで最後にしようと思って導入した本種はもう3ヶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンク紹介 NO.01「淡水60cm水槽」

 先日いろいろとあった水槽掃除ですが、今日紹介するのは淡水水槽です。 ぱっと見・・・・・・過剰飼育なくらい魚いますけど、そこは見ないようにしてくださいね(汗)  水槽はコトブキのProgre600の9点セットだったはずです。 ろ過は付属の上部ろ過と底面ろ過、外部ろ過としてコトブキのパワーボックス55、スポンジフィルタの4系統あります。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

続・水槽掃除・・・・・・そして

 昨日ポンプが止まったことで酸欠になった海水水槽ですが、残念なことに魚は全滅となってしまいました(涙)。  他の水槽はそれぞれ2系統~3系統のろ過またはエアレーション装置があるのですが、この水槽だけは1系統しかなかったのが致命的だったようです。 事故といっても、回避できたはずですし本当に見通し甘かったことを痛感してます。  ただ1系…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水槽掃除・・・・・・そして?

 試薬で測ってみたら海水水槽、淡水水槽ともに硝酸塩(NO3)が高くなってきていたので、休日を利用して換水と掃除をしてみることに。  まずは人工海水作るよりは簡単な淡水水槽を3分の1くらい換水。 冬場なのでお湯を多少つかって温度調整。 カルキも抜いてゆっくり30分以上かけてのんびり注入。  その間に海水水槽を掃除しようとして掃除対象と…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

タンクメイト紹介 NO.05「シルバーハチェット」

 ハチェット第二弾です(笑)。  なんか好きなんですよね、ハチェット(斧)。  でも、上層部を遊泳することは少なく中層をのんびり泳いでます。 餌をあげたときだけ水面に上がってきて狂喜乱舞するんですね。  この種はマーブルハチェットに比べると大きくて、先ほども書いたように中層にいるためまだ1匹も落ちてません。もう半年以上の付き合いに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンクメイト紹介 NO.04「マーブルハチェット」

 カーナビの件は調査中につき後回し(笑)  そこで、今日は淡水魚水槽のタンクメイト紹介です。  体が薄っぺらい斧型の魚でそれが名前のもとにもなっている本種は、水面近くを泳ぐため上部が寂しいときにはうってつけだと思います。  しかし自然界では敵から逃げるために水上に飛び出す習性があるらしく、よく飛び出し事故が発生します。 信じられな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンクメイト紹介 No.03「ハタタテハゼ」

 60cm水槽になってから導入したハタタテハゼです。  ハゼというと海底に着底してるイメージがあったんですが、これは遊泳型というらしくよく泳ぐ綺麗な魚です。  ただ、その他のタンクメイトとの相性があまりよくなかったのか私の管理が悪かったのか、最初3匹いたはずなのに、いつのまにか1匹に・・・・・・(苦笑)  1匹は跡形もなくなってし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンクメイト紹介 No.02「カクレクマノミ」

 昨日とは逆に、海水魚水槽の最古参の一種です。  30cmクラス水槽時代からの付き合いですから、もう半年くらいになりますね飼育暦。 この子たちとの付き合いのきっかけは、共生関係を見てみたいからという単純なものでした。 そんな単純な飼い主の下で健気にも導入当初から元気で、今のところ一度も調子が悪くなったことはない(ように見える)丈夫なペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンクメイト紹介 No.01「シリキルリスズメ」

 海水魚水槽では一番の新参者です。  ルリスズメダイ(コバルト)が大きくなるにつれて気性が荒くなり、ハゼ類を追いかけるようになったため代わりに導入した青いお魚です。 残念ながら、コバルトは別水槽に隔離になりました。 ただ、60cm水槽に3匹導入は微妙だったのか、左右と中央に縄張りを作って牽制しあってるようになってしましました。  よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more